放射能検査器具部品

放射能検査器具部品

ご依頼経緯

精密検査部品一部分が廃盤となったため現物からの測定し3D化、金型の再製作

成形品数量が小ロットであるために、

量産用金型は予算では製作不可、弊社の試作小ロット対応のアルミ金型が適応しているとのことでご依頼を頂きました

流れ

◎樹脂成形部品の廃盤品の復刻品製作

◎組付け用端子

製作詳細

【組付け作業】

1、成形品と端子の組付け作業

2、組付け用の治具を社内製作して端子と成形品とを組付けをすべて手作業

3、成形品に組付けた端子部品と相手部品とのはめあい具合の検査

端子部分と既存部分のはめあい力に規格あり、その微調整をプレス金型、端子組付け作業にて微調整