〽は~るばる~来たぜ八戸~♬ (その2)

こんにちは、㈱デイテクの野呂です。
〽は~るばる~来たぜ八戸~♬ (その1)からの続きです。

 

お客さんを訪問した後、次なるミッションはずばり「お土産購入」です。
八戸へは二度目となる私は、「りんごジュースとねぶた漬けは絶対買う!!」と、行く前から決めていました。

始めて青森に行った時に飲んだりんごジュース、それはそれは美味しかったこと。
行く先々の自動販売機で必ず売られている、ねぶた祭りの写真が付いた黄色い缶のりんごジュース。
東京へ帰ってきてからも時々飲みたくなる美味しさでした。

「りんごジュース、りんごジュース・・・」と、黄色+ねぶたのパッケージを探していて見つけました。

image1-1
なんか金と銀のりんごジュースが!!

「お前が探しているのは金のりんごか?それとも銀のりんごか?」
「いいえ。私が探しているのは、黄色い普通のりんごジュースです女神様・・・。」
イソップ童話の『金の斧 銀の斧』で、池に斧を落っことした木こりになった気分です。

これは青森県りんごジュース㈱さんの商品で、私が探していたのはJAアオレンのりんごジュースでした。
JAアオレンのりんごジュースは見当たらなかったのでこちらを購入。
金の方が酸味のあるりんごジュースで、銀の方が酸味を抑えたまろやかなりんごジュースです。
私的には酸味のある金の方が好きですが、銀の方ももちろん美味しいです。

そして、今となっては定番化したご当地限定カントリーマアム。

image3

いつものカントリーマァムの美味しさにりんごの爽やかさが加わって、美味しくないわけがない。
ご当地限定じゃなくて、通常のラインナップに加えてほしい商品です。

image4
お次はねぶたクッキー。
青森のお土産だとわかりやすくていいですね。
売り場のサンプルは綺麗なねぶたの顔でしたが、実物はねぶただと言われないとわからないクオリティでした。
ガッカリしすぎて実物の写真を撮るモチベーションが上がりませんでした。

あとはねぶた漬けや南部せんべい、ご当地限定リンゴ味のハイチュウなどなどを購入し、5千円でおつりがちょろちょろ・・・わりと沢山買ってたみたいです。

帰路に着く途中で撮った写真です。
image6

見えにくいですが、遠くの山に雪が積もっていて、青くてきれいでした。

そして、駅に飾ってあった人形。(天覧山車)
image5
8月上旬に開催される八戸三社大祭で練り歩く山車だそうで。
結構大きかったので、迫力がありました。

 

青森と東京は、気軽に行き来できる距離ではありませんが、今後はできる限り顔を出していけたらいいなと思いました。